きこりの店 舘岩日記

kikorino.exblog.jp
ブログトップ

芝浦工大柏中 グリーンスクール

先日、芝浦工大柏中の1年生が見学に来てくれました。

内容は昨年と同じく、「唐松の伐倒の見学・きこりの店店内見学」と「工場での製材の見学」です。
1日目が約40人が2回、2日目が約60人が2回 計200人くらいの生徒のみなさんに見ていただきました。


唐松の伐倒見学は、まず現地に入る前に、
事務所の駐車場で、伐倒手順や現地の山・伐倒木である唐松ついての説明を聞いてもらいます。

f0227395_17301129.jpg
倒す方向の決め方や、受け口と追い口についてなど、
伐倒の手順は、店長と今回伐倒を行う工場長が、桐の丸太を使って説明しました。


f0227395_16585070.jpg
現地の山や唐松の説明は、森の案内人の方にしていただきました。
森のエビフライの話なども交えて、生徒のみなさんがたのしく学べるように工夫して話してくれました。


f0227395_17214211.jpg
f0227395_17253162.jpg
そのあとは、現地で実際に、伐倒木の唐松はどの方向に倒れたがっているのかを確認してもらったり、
受け口切りを見てもらい、触ってもらった後、

f0227395_17354797.jpg
安全な場所に退避して、いよいよ追い口切りがはじまります。

f0227395_17510859.jpg
f0227395_17515478.jpg
木は倒れ始めると一瞬です。
倒れたあとは、生徒のみなさんからおお~!という歓声と、拍手が起きました。


f0227395_17561086.jpg
山から下りたあと、きこりの店 店内へと移動して、ベンチの説明を聞いてもらいました。
f0227395_17580707.jpg

このベンチは、3年前の製材見学の際に挽いたヤマザクラの板を自然乾燥し、
大工さんがベンチとして制作したものです。
このベンチは毎年制作していて、中学校の廊下でお使いいただいているようです。

そのあとは、出発の時間まできこりの店の店内を見学してもらい、
大きな板の値段に驚いたり、森の目覚め(空洞木のオルゴール)をまわして楽しんだり、
それぞれ楽しんでもらったようでした。



当社では、一般の方にも、伐倒をご覧いただけるイベントを開催しています。
今年も10月に行う予定ですので、ご興味のある方は是非ご参加ください。
開催日に近づきましたらまたお知らせさせていただきます。



by kikorinomise | 2017-05-29 10:32 | イベント・講座 | Comments(0)