きこりの店 舘岩日記

kikorino.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:木の商品( 42 )

ヒノキの商品が入りました。

 桧(ヒノキ)は材に含まれるヒノキチオールにより殺菌、防カビに効果があります。
 また、風呂椅子は特有のいい香りが浴室に漂い、リラックス効果があります。1日の疲れを癒すバスタイムに最適。桧1枚板を使用したアイディア家具です。
 桧のまな板は、取っ手に高級材の黒檀(コクタン)が使われているので、桧の面が乾きやすく黒ずみにくくなっています。

   110.png風呂椅子 ・大 ¥14,580 ・中 ¥7,020 ・小 ¥5,940
   110.png桧まな板  ・大 ¥7,452 ・中 ¥6,912 ・小 ¥6,480
f0227395_10291141.jpg
  110.png ブナの天板(商品の乗っているもの)も商品です。
      足付き¥100,000(足は移動させ、お好みの形でセットできます。) 
f0227395_10304753.jpg


by kikorinomise | 2018-08-10 15:14 | 木の商品 | Comments(0)

商品の入荷です!ニューフェイスもお目見えです。

110.png漆作家 藤原啓祐さんの作品です。
 形と漆の種類がそれぞれ異なる「椀」の美しさに魅了されてしまいます。
 質感や持ち具合をお店でお確かめいただきたいと思います。           
       ・黒染飯椀(けやき)¥4,860ー
f0227395_15263139.jpg
          ・いなだ椀(ケヤキ)各4,320円
f0227395_15255281.jpg
 ・栃拭漆椀(トチ)各4,320円
f0227395_15254007.jpg

・ トチまめ皿  各2,160円
  薬味やおつまみ入れによさそうです。小さいながらも存在感たっぷりです。   
f0227395_15281293.jpg
f0227395_15260468.jpg
110.png只見町で制作活動をしている、3名の女性達が立ち上げた「ぶないろくらぶ」の作品です。只見町はブナの木が豊富で、町内にはブナミュージアムもあります。その豊かな資源を活用してブナを始め、桜、くず、よもぎなどの草木染めを行っています。
 淡い優しい色調の手ぬぐい、巾着、トートバック、スカーフなどがあります。
「きこりの店」でも販売することになりましたので、どうぞよろしくお願いします。

 ・手拭い¥1,500ー ・巾着¥1,800ー ・トートバッグ¥2,500-などです。
f0227395_15243822.jpg
f0227395_14021600.jpg



by kikorinomise | 2018-08-03 14:22 | 木の商品 | Comments(0)

けやきの大木がやってきました!

先日、きこりの店にケヤキの大木がやってきました。
会津美里町から運ばれたケヤキは樹齢約150年。荷台から降ろされ慎重に置き場に移されました。
           *クレーンで釣りあげられています。
f0227395_10093478.jpg
f0227395_10092570.jpg
*2台のフォークローダーを使い、息を合わせて持ち上げます。
f0227395_10084603.jpg
*ケヤキの特徴である鱗模様がきれいに見えます。
サイズ:元口:約110㎝
       末口:約90㎝(二股)
    長さ:約5m
f0227395_10081820.jpg
*慎重に移動されていきます。
f0227395_10092570.jpg
 *大木からは新しい枝が出ようとしていました。これから、このケヤキの大木はどんな風に加工されて皆様のお役に立つのでしょうか。
f0227395_10080620.jpg
f0227395_10074426.jpg


by kikorinomise | 2018-06-08 13:52 | 木の商品 | Comments(0)

小沢賢一さんの作品がネットショップにアップされます!


 110.png先日、予告しておりました
  小沢賢一さんの「木製手彫りトレイ」「カッティングボード」
  6月1日(金)ネットショップに入荷いたしますので、お知らせいたします。
  サイズもいろいろ揃っています。1枚ずつ木目模様や色が違いますので、
  番号をお確かめの上、ご注文くださいませ。お待ちしております。110.png
f0227395_15431254.jpg
f0227395_13390696.jpg
f0227395_13385125.jpg
f0227395_13544051.jpg
f0227395_13545445.jpg


by kikorinomise | 2018-05-29 15:30 | 木の商品 | Comments(0)

「きこりの店」に求められるもの・・・

 このところ、ご来店いただくお客様から「移転するんですねぇ」「移転するって聞いたからその前に来てみました」などのお声を多く聞くようになりました。更には「昔、ここでテーブルを作ったんですよ」とか「栃の天板を買ってテレビ台にしたんです。長く使っても飽きませんね」などのお話を伺って本当に嬉しくなります。「きこりの店」の長い歴史には、お客様おひとり、おひとりの歴史が重なっていることに気づかされます。
改めて、店に並んでいる天板や材料を眺めてみました。常時3,000枚はあろうかと思われる(正確な数は不明)板の中からお客様が選んだ板を見ると「こんなのがあったんだ」と思うこともしばしばです。「これでおもちゃを作ります」とか「この板でパン生地をのします」など、お客様の希望に添えた材料や天板が見つかると、一緒に幸せを分けて頂けた気持ちになります。
f0227395_14103740.jpg
f0227395_14133254.jpg
f0227395_14134221.jpg
f0227395_14155202.jpg
f0227395_14135455.jpg

旧舘岩村(当地区)産の「トチこぶ柱」
3000×580径自然乾燥18年 ¥420,000(税込)
こんなにたくさんのこぶがあるトチは、とても珍しく自然のなせる業としか言いようがありません。
f0227395_14142399.jpg
 秋の移転までには、もうしばらくありますが、これまでの「きこりの店」を振り返りながら、お店を支えてくださっているお客様に、改めて感謝していきたいと思います。

by kikorinomise | 2018-05-19 14:24 | 木の商品 | Comments(0)

地元の人気作家さんの商品が入荷しています!

南会津町在住、小沢賢一さんの「彫りありオニグルミトレー」が入荷しました。
      ・150×280  ¥4,073(全て税込)
・200×280  ¥4,844
・300×280  ¥6,696
・400×280  ¥8,701
f0227395_15435280.jpg
ネットショップへも近いうちに出しますので、そちらもよろしくお願いします。
f0227395_15431254.jpg
 
 同じく南会津町在住、藤原啓祐さんの「拭き漆」の作品も揃いました。
 今回は布着せ(ぬのきせ)という布を張った技法のお皿もあります。
 ぜひ、お手に取って観ていただきたいです。
       ・お茶のみ盆 ¥4,320(全て税込)
       ・だえん皿  ¥4,320
       
f0227395_13383970.jpg
       ・よい子皿 ¥3,780
       ・ままさじ ¥2,160
       ・ひな盆  ¥7,020
       ・黒角敷盆 ¥16,400
       など、ステキな作品がたくさん入りました。
f0227395_13383177.jpg


by kikorinomise | 2018-05-16 16:16 | 木の商品 | Comments(0)

小沢賢一さんの作品が入荷しました!

南会津町在住の人気作家・小沢賢一 さんの作品です               独創的な彫りの美しさと、使い込むほどに味わい深くなるオニグルミの色が 素敵です。 カッティングボードやトレーは、お使いいただく方のアイディアで用途は様々。 彫りなしや他のサイズも取り揃えておりますので、お手に取って、お気に入りを見つけてみませんか。

f0227395_13524245.jpg
f0227395_13522932.jpg
ネットショップ用のカッティングボードも間もなく販売いたします。

 只今、販売準備中です。もう少々お待ちくださいませ。

f0227395_13545445.jpg
f0227395_13544051.jpg


by kikorinomise | 2018-04-29 13:45 | 木の商品 | Comments(0)

「手彫りと漆の器」追加入荷のお知らせ

藤原氏の作品は、前回久しぶりに入荷のお知らせをしましたが、新たに入荷しましたので紹介します。
   
        ★「あくびプレート」 栗・漆 (280×245×20) ¥9,720-
        楽しいネーミングのステキなプレートはモーニング用にどうぞ。
        眠い目をこすりながらあくびをしているイメージだそうです。
f0227395_14463606.jpg
           ★「黒漆パン皿」 栓・漆(240×195×20)¥4,320
           皿底が盛り上がって見えますが、実際は凹んでいます。
f0227395_14454044.jpg
           ★「だえん皿大」栓・漆(280×120×15)¥4,320
           こんなお洒落な皿に、お菓子やお料理を盛り付けたら数倍美味しく感じられそうです。
f0227395_14442758.jpg
           ★「レンゲスプーン」栃・漆 (170×45×17)¥3,240
           スープをすくいやすく、口には運びやすい形状です。
f0227395_14441351.jpg
           ★「コーヒーさじ」栃・漆(105×45×22) ¥2,592
          コーヒータイムが楽しくなる一品です。
f0227395_14432803.jpg
              ★「ちどり皿」栓・漆(約120×120) ¥2,700
              愛らしい形に癒されます。
f0227395_14434871.jpg
 これから暖かくなって、山の木々が少しずつ緑色に変化してきます。こごみなどの山菜も出はじめます。ワクワクが増える南会津へどうぞお超しくださいませ。

by kikorinomise | 2018-04-15 16:04 | 木の商品 | Comments(0)

新しい栃の天板の紹介

栃の天板が仕上がりましたので紹介します。
栃は木目をよく見ると、絹織物のような模様が見られます。縮み杢が出ている板も多いです。
1枚ごとに個体差の大きい天板をどうぞ、ご覧ください。 
f0227395_10262808.jpg
f0227395_11255417.jpg
f0227395_10272877.jpg
f0227395_11344780.jpg
f0227395_10290846.jpg
f0227395_11332694.jpg
f0227395_10295041.jpg
f0227395_11310060.jpg
 4番目の「巾広で生命力のある天板」のコメントを記入する際、虫穴の補修について小椋社長に意見を求めたところ「この木は懐の大きな木なんだよね」と言う。すかさず、小椋店長が「虫の生活さえも引き受けて、それでもビクともしない大物ですよ」・・・。この阿吽の呼吸と、森の自然のサイクルを熟知している二人の言葉に感動したスタッフでした。綺麗だから価値があるのではなく、木の個性や木の生き様をよく見なさい。と、言われているような気がしました。増々、奥の深い天然木の魅力を知ることができました。

by kikorinomise | 2018-04-07 11:46 | 木の商品 | Comments(0)

「手彫りと漆の器」藤原啓祐氏の商品が入荷しました

当店の一角には「藤原啓祐」氏の作品(商品)コーナーが設けられています。
作品は無垢材から作られており、手彫りで削り出されています。木肌を生かすために何度も漆を摺り込む拭き漆という技法で仕上げてあります。
先日、お願いしていた商品が納入されましたので、撮影後、早速陳列しました。
優しい手触りと漆の風合いをお楽しみください。
藤原さんは、「漆」職人がどんどん減っている現状を危惧されておりました。
           
          ★「黒角敷盆」380×300×20 (栓・漆) ¥16,400-
            素晴らしい光沢です。(照明の反射は抜きにして)(笑)
f0227395_13085301.jpg
          
          ★「黒漆パン皿」 240×195×20 (栓・漆) ¥4,320-
           こんなお皿にパンを乗せたら、数倍美味しく感じられそうです。
f0227395_13090942.jpg
          ★「おにぎり皿」 200×175×20(栓・漆) ¥3,240-
           裏面の彫りも美しいので両面撮影しました。
f0227395_13092564.jpg
          ★「しゃもじスプーン」 260×60×35 (栃・漆) ¥3,780-
           持ち手の動きが考慮され、とても使い易いです。
f0227395_13094270.jpg
         
          ★「カレースプーン」185×40×15(桜・漆)¥3,240-
          一口大の大きさと、持ち手の長さが丁度いい具合です。
f0227395_13095596.jpg
          ★「栃拭漆汁椀」120×67 (栃・草木染・漆)¥4,320-
       塗っては拭き取る作業の繰り返しによって、木の質感と色合いが鮮やかです。 
f0227395_13093411.jpg
 いい食器を使うと、食器の扱い方が丁寧になりますよね。おのずと食べ方や持ち方まで丁寧になるような気がします。ちょっとの贅沢が心の贅沢へ・・・。そんな食器と出会えます。


by kikorinomise | 2018-03-30 15:43 | 木の商品 | Comments(0)