きこりの店 舘岩日記

kikorino.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

K様邸 構造見学会のご案内

現在新築中の 東京都立川市 K様邸の現場見学会を行います。

昨日10月27日に、K様ご家族、大工さんや担当の皆様と上棟式を行ったばかりです。

K様ご夫婦はまだ30代とお若く、2歳と、まだ0歳のお子様の4人で住まわれる予定です。
都会の狭い敷地ながらも、中庭が憧れだった夢も叶えた設計となりました。
お子様もまだ小さいので、中庭は奥様の立つキッチンからも目が届くようになっています。
両隣、後ろと、家に挟まれた敷地ながらも、風が家の中を巡り、北の部屋にも光と風が流れます・・・。
基礎は、現代はみなコンクリート打ちのべた基礎で建てられていますが、私達は土をむき出しにした工法の布基礎で行ってします。
夏は涼しく、冬は暖かく保てる構造のポイントの一つです。

是非、体感してください。


●K様邸 構造見学会
日時 : 平成25年11月17日(日)  AM10:00~PM15:00
場所 : 東京都立川市  ※お問い合わせください
設計・施工 : H.S.Gホーミースタディーグループ
          (株)オグラ 幸林ホーム
お問い合わせ:(株)オグラ 幸林ホーム
          福島県南会津郡南会津町熨斗戸544-1
     ℡:0241-78-2066   fax:0241-78-3011
     mail:korin_home@mail.caretv.jp


f0227395_13262046.jpg

上棟のシンボル、五色の旗がひるがえります。


f0227395_13193940.jpg

子供室に見える太い梁が、子供の情緒を育みます。


f0227395_13203248.jpg

太い赤松の梁が、心に安らぎを与えてくれます。


f0227395_13214198.jpg

床下に土をむき出しにした布基礎にすることがポイントです。


f0227395_13282686.jpg

都会の狭い敷地でも、中庭が見れ、風と光の集まる奥和室も見どころです。


f0227395_13353087.jpg

風格のあるポーチ。
3本のヒノキ柱がお出迎えしてくれます。ヒノキの香りがいい匂い・・・


構造はすべて、地元会津の大工さんが手刻みできざみ、組み上げました。
都会でありながら、懐かしさと堂々とした雰囲気をかもちだしています。

見学場所は、お問合せを頂ければご案内をお送りいたします。
是非お越しください。
by kikorinomise | 2013-10-28 13:42 | 木のお家 | Comments(0)

S様邸 構造のみえる見学会

この度、オグラ木材 住宅部(幸林ホーム)で施工しています、春日部市の新築現場にて
構造のみえる見学会を行います。

S様邸は、平屋造りで、2階に小屋裏部屋を作った設計となりました。
平屋ながらも、5LDKという大きなお家です。
ご主人のS様のご要望で、広い14帖のリビングは吹き抜けで、赤松の太い梁が見える大空間です。
実は、小屋裏部屋からこのリビングを見下ろせる楽しい空間でもあります。
構造は、すべて那須の大工さんの手仕事です。
タモの大黒柱はチョウカンナで仕上げており、親方大工の腕が光っています。
小黒柱は、ご主人一目ぼれの耳付きのもみじの木を使っています。
どの部屋も光が差し込み、風が流れ、空気が廻る・・・。
落ち着いた風格のあるS様の幸せを生む住まいです。

是非、体感してください。



日時 :平成25年11月3日(日)  AM10:00~PM15:00
場所 :埼玉県春日部市 ※お問い合わせください
設計・施工 :H.S.Gホーミースタディーグループ
       (株)オグラ 幸林ホーム ・ 木香屋
お問い合わせ :(株)オグラ 幸林ホーム
          福島県南会津郡南会津町熨斗戸544-1
  ℡ :0241-78-2066  fax:0241-78-3011
  mail:korin_home@mail.caretv.jp


f0227395_11175039.jpg

伝統工法による木組みです。



f0227395_11184473.jpg

木造平屋 52.7坪・小屋裏 9坪。



f0227395_11202596.jpg

床下は土をむき出しにした布基礎。



f0227395_11212985.jpg

太い柱や梁が、大工の技によって生かされています。



f0227395_11223757.jpg

30㎜の杉板を断熱材とした板倉工法です。



f0227395_11364385.jpg

f0227395_1139431.jpg

f0227395_1143385.jpg

f0227395_11501873.jpg

上4枚は建前時の写真です。


f0227395_11494273.jpg

木材の良さを最大限に生かされています。
手刻みによる技も、見どころの一つです。


S様邸には、幸せの条件と原因が仕組まれています。
お問合せ頂きましたら、現場の住所をご案内させていただきます。
お気軽にお問合せください。
by kikorinomise | 2013-10-28 11:51 | 木のお家 | Comments(0)

紅葉を見られる幸せ

紅葉が見ごろです。
なんでこんなにきれいなんだろう、と思うくらい
本当にきれいです。
f0227395_1935619.jpg

f0227395_19352079.jpg

f0227395_19353113.jpg

f0227395_19362320.jpg

f0227395_19355566.jpg

f0227395_19361125.jpg

f0227395_19363299.jpg

f0227395_19364154.jpg

f0227395_1937429.jpg

f0227395_19371898.jpg

by kikorinomise | 2013-10-28 08:33 | 南会津の自然 | Comments(0)

見つけた!奥会津バスの旅と紅葉

10月23日に、テレビユー福島の唐橋ユミさんの「見つけた!奥会津バスの旅」という番組のロケがあり、その出演者とスタッフのみなさんが、きこりの店においでになりました。
これは、唐橋ユミさんと、ツアーに応募した一般の方々が、バスで奥会津のいろいろなところを旅するという企画で、今回は、舘岩・伊南地区などをまわります。
f0227395_1934090.jpg

株式会社オグラの製材工場で、製材実演をご覧になってから、きこりの店に来られて、木をみたり、お買い物をしたり楽しく過ごしていただきました。
f0227395_1944060.jpg

f0227395_1945498.jpg

この様子は、10月29日に放送されるそうです。
福島県内でしか放送されませんが、どうぞご覧ください。

さてさて、やっと紅葉が本格的になってきました。
f0227395_1973919.jpg

f0227395_1975565.jpg

今日はあいにくの小雨で、ちょっと画面がぼやけている(撮影の腕が悪い?)のですが、やはりとてもきれいです。
f0227395_1910378.jpg

f0227395_19101526.jpg

f0227395_1910325.jpg

これは、写真では伝えきれません。
ぜひ、観においでください。
台風が早く通り過ぎるといいなと思っています。
f0227395_19115646.jpg

by kikorinomise | 2013-10-25 19:13 | 南会津の自然 | Comments(0)

第35回 伐倒製材見学会 無事終了しました!

毎年恒例の伐倒製材見学会
今年は胸高直径64cm、樹高約18mのミズナラでした。

23名のお客様にご参加いただき、
まず、1日目はこのイベントの進め方や伐倒の方法、木の説明などを簡単にさせていただきました。
f0227395_15521033.jpg

それでは早速、山へGo!
f0227395_15524857.jpg

今日のところは下見を兼ね
森林インストラクターでペンションオーナーの安ヶ平さんに山を案内していただきました。
f0227395_1554356.jpg

樹木などの植物から動物まで詳しい安ヶ平さんからいろいろ教えていただき、
次の日伐ることになるナラの樹を含め、周辺の様子なども分かり、より親しみを感じていただけたでしょうか?

夕方近くなり、かなり冷えてきたところで、1日目は早めに終了し、皆さんは宿泊場所へと向かいます。
民宿 北の家のおいしい料理やお蕎麦、天然の温泉も大きな楽しみのひとつです。
会社のスタッフも皆さんと一緒にお酒を飲んで、木の話をしたり、次の日の伐倒に想像を膨らませて
楽しく交流させていただきました。

そして、次の日ですが、
朝からあいにくの雨です。それでも何とかなる程度でしたので、予定通り現場へ向かいました。
f0227395_15541911.jpg

伐る前に皆さんで記念撮影。
左に写ってる樹が今回の伐倒木です。
f0227395_15543131.jpg

樹の根本近くにお神酒をかけて、これからいただく命に祈りを捧げたあと、
早速、チェンソーで伐り始めます。まずは倒す側に受け口を切ります。
f0227395_15543997.jpg

樹の枝ぶりから樹が倒れたがっている方向というのがあるんですが、
今回はそのまま自然に倒すと、くぼみにはまってしまい搬出しづらくなってしまうので、
出しやすいように切り口を調整して倒す必要がありました。
そのあたりもベテランの伐倒士 誉さんの慣れた手つきは見事です。
f0227395_15544813.jpg

受け口の次は追い口を切ります。
切り始めるとあっという間に樹は傾き始め、ミキミキッ と音が鳴ります。
f0227395_1554592.jpg

その音に伴い、葉っぱがこすれる音、他の樹にぶつかって折れる音も混ざりながら
f0227395_1555670.jpg

最後倒れた瞬間、 ドーンッ!! とものすごい衝撃音と地響きが起こりました。
f0227395_15551328.jpg

そして、その樹が倒れたことで視界が一気に明るくなります。
存在感の大きさをより一層感じる瞬間です。
f0227395_15552160.jpg
f0227395_1555366.jpg
f0227395_15554765.jpg

樹形と用途に合わせて玉切り後、元玉はこのあとの製材実演のためブルドーザーで運ぶ段取りに入ります。
f0227395_15555835.jpg

工場のほうに運んできました。
f0227395_1556614.jpg
f0227395_15561525.jpg

製材する厚みを決めてから製材していきます。
挽き方によって表れる木目が変わってしまうので、はたして良い板が取れるのか、緊張の瞬間です。
f0227395_15562642.jpg
f0227395_15563679.jpg

なかなか良い板が取れました。
f0227395_15564364.jpg

2枚を合わせてテーブルの天板にしたり、耳を残してキッチンカウンターや
洗面カウンターにしたら良さそうですね。

今回ご参加いただいた皆さんの感想を聞くと、倒れるときの迫力にとても感動されたようです。
それと同時に、普段使っている木のものや製作に利用している木材をより一層大切にしなければと感じたようでした。

伐り倒したミズナラの樹もまだ寿命ではなかったでしょうし、たくさんのドングリを落として多くの生き物に恵みを与えていたことを思うと、伐って良かったのかという罪悪感も多少はあるかもしれませんが、
ひとつ空間が大きく開けて、そこに光が差し込むようになったことで、また新たに成長が始まる樹木があり、そうやって循環していくことも自然な流れなのだと思います。

何より、今回参加された皆さんの貴重な経験として記憶に残り、これから木と関わることに少しでもつなげていただけることは大きな意義があったと感じました。

皆さん、2日間お疲れさまでした。
by kikorinomise | 2013-10-20 15:58 | イベント・講座 | Comments(0)

秋の空と山

日が落ちる、少し前。
空も山も本当にきれいです。
もうすぐこの緑ともお別れなんだ・・・と思うと
今のうちにたくさん味わっておきたい気持ちになります。

f0227395_1725393.jpg

西の空





f0227395_17255379.jpg

東の空





f0227395_1726969.jpg

南の空

日が短くなりました。
by kikorinomise | 2013-10-09 17:28 | 南会津の自然 | Comments(0)

朝露に濡れる木

秋晴れの朝。
木々がきれいでした。
f0227395_11512686.jpg

f0227395_11513319.jpg

by kikorinomise | 2013-10-08 11:52 | 南会津の自然 | Comments(0)