きこりの店 舘岩日記

kikorino.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

南郷小5年生の体験学習を行いました。

 2月20日(火)南郷小学校の5年生が「きこりの店」ワークショップで体験学習を行いました。
 南会津の自然環境のすばらしさを理解し、その環境を守ろうとする心情を育てたり、人々の暮らしが森林と結びついたものであることを理解する。と、いう目的で行われました。

 弊社社長の小椋より、森林を生かした産業、暮らし、環境などについての講話の後、質問を受けると小学生ならではの素朴な質問から、ネットで調べた中から疑問に思ったことを質問してくれたりと次々と手が上がり大いに盛り上がりました。

 子ども達はメモをとりながら熱心に聞き入っていました。
f0227395_10355768.jpg
f0227395_10380709.jpg
 続いて阿久津大工の指導のもと、一人ひとり「カンナかけ」の体験をしました。自分で削った木の匂いを嗅いだり、手に巻いたりして木を確認していました。中には記念に持ち帰る子もいました。
f0227395_10393893.jpg
f0227395_10405828.jpg
 その後、木工体験で「箸づくり」をしました。自分が使いやすいようにサンドぺーパーをかけてから、ミツロウワックスを塗り仕上げました。30分足らずの時間で全員がきれいに完成させました。引率の先生方も一緒に作っていただきました。
f0227395_10412029.jpg
f0227395_10463803.jpg
 最後に店に移動して店舗内の見学をしていただきました。広い店内に陳列されている木材、木工材料、天板、家具、おもちゃを見たり、当店のシンボル「栃の大木」(中は空洞)の中に入ったりしました。「森の目覚め」という大きなオルゴールを手回しで音を出す子もいて、とても楽しそうでした。
f0227395_10472045.jpg
f0227395_10470961.jpg
 2時間ほどの活動時間でしたが、たっぷりと木に触れ、肌で感じることこそが大切なのだと思いました。
 後日、子ども達の感想を聞いてみたいと思います。
 多くの子ども達に、こんな体験をしてほしいなと思いました。



by kikorinomise | 2018-02-26 14:47 | Comments(0)

「こね鉢」と「餅鉢」

「きこりの店」で販売している鉢をご紹介します。

                    ★1一つ目は「餅鉢」本漆  (33㎝)
f0227395_14555256.jpg

                   ★二つ目は多く見る「こね鉢」です。
  これは栃の木の大木で作られています。彫る技術のある人も年々少なくなっているので、貴重な品物になりました。木が余分な水分を吸ってくれるので、蕎麦だけでなくうどん打ちやパン作りにも適しています。現在3サイズ(88㎝、48㎝、30㎝)販売しています。使い方や用途も、お使いいただく方のアイディア次第です。使い込む程に色艶が変化して、味わい深くなります。
f0227395_14553892.jpg
f0227395_14551971.jpg

この「大こね鉢」は、以前ブログでご紹介させていただきました。
f0227395_14330421.jpg
 家の中に本物がある暮らし・・・ステキですね。
 先日コンビニの雑誌コーナーで「アウトドア」ならず「インドア」をテーマにした雑誌に木のある暮らし方や活用法が紹介されていました。自宅のみならず、カフェなどの飲食店、美容院、雑貨屋さん、衣料品店など実に様々なところで木製品がたくさん取り入れられていました。きこりの店でも床や壁などの木材販売、相談を申し受けております。





by kikorinomise | 2018-02-23 15:56 | 木の商品 | Comments(0)

ブログに載せた写真の水彩画を描いていただきました!

先月、1月19日付のブログをごらんになった方が、写真の景色の美しさに感動したということで、それをもとに、水彩画を描いてくださいました。
f0227395_16571433.jpg
現在、水彩画を習い始めたそうです。
元になったのは、この写真です。
f0227395_11530787.jpg

これは、晴れの日の早朝の数十分しか見られない氷点下20度の芸術?です。
同じ日の「石の上の雪マシュマロ」もよかったけど、絵の先生にこちらの方が題材にいいとすすめられたそうです。
この水彩画をメールで送ってくださったので、ブログに書いていいですか?とお願いして掲載しました。
このように、読んでいただいて反応があるととてもうれしいです。
磯野さん、どうもありがとうございました。


by kikorinomise | 2018-02-13 17:13 | 南会津の自然 | Comments(0)

「ミツロウワックス」値下げ品の販売

冬期間は比較的室内にいることが多くなりますね。
そんな時、ご自宅の木製品のお手入れなどしてみませんか。
現在販売している蜜蝋ワックスのうち、使用期限が短い商品(開封後は2年を目安にお使いいただけます)をお安く販売します。
この機会にぞうどお求めください。

    ・容量:100㎖・・・5㎡(3畳)~15㎡(9畳)分
    ・Aタイプ(バター状)
    ・用途:無垢材、コルクタイル、ベニヤ、MDFなど
    ・料金:¥1,296  を ¥1,000(税込み)にて販売いたします。
f0227395_11502534.jpg
      なお、店頭販売のみになりますのでご了承くださいませ。


by kikorinomise | 2018-02-12 11:06 | Comments(0)

「きこりの店」の周りでは・・・

気温は相変わらず氷点下の日が続いていますが、きれいな青空で空気が澄んでいます。「寒いなぁ~」と震えながらも140.png青空に誘われて「きこりの店」の外に出てみました。
f0227395_10462632.jpg
 きこりの店ワークショップの横に「あら木 乾燥材」が保管されています。その下に舘岩川が流れていますが、河川災害の護岸工事が行われています。寒い中ご苦労様です。 
f0227395_15373891.jpg
f0227395_15405449.jpg
f0227395_15381288.jpg

その向かい側では、資材置き場で出番を待っている建築材が整然と保管されています。  
f0227395_15395119.jpg
f0227395_15392277.jpg
 建築部「幸林ホーム」の事務所駐車場の隅に、赤松が2本あります。1本の赤松には雌花(松ボックリ、松かさ)が落ちずにたくさん付いていました。松ぼっくりになるまでには2年の月日を要します。この松ぼっくりの中に種子があります。  
       
f0227395_15412402.jpg

もう1本は全部落ちてしまって松ぼっくりは付いていません。近くで見たら雄花の集まりにある花粉と雌花の集まりにある卵が成長中なのでしょうか(中学校の理科で学習したはずなのですが・・・全く覚えていません)       
f0227395_15402408.jpg
きこりの店の向かい側(国道235号線沿い)の山の斜面の木立。         こんな大雪にもかかわらず、ビクともせずに凛として立っています。潔ささえ感じてしまいます。
f0227395_15480878.jpg
山の木立を見ると「茶の湯の教え」に通ずるなぁと思うスタッフでした。

裏千家ホームページより一部抜粋 
お茶の心って何だろう 利休道歌(りきゅうどうか)
夏は涼(すず)しく、冬は暖(あたた)かに ―季節感(きせつかん)をもつ―
茶道では季節感(きせつかん)を大事にし、表現します。夏ならば床に「涼一味」などのことばをかけたり、冬ならば蒸したての温かいお菓子を出すなど、自然の中に自分をとけこませるような工夫をします。



by kikorinomise | 2018-02-11 09:39 | 南会津の自然 | Comments(0)

山桜の天板が入荷しました

 まだまだ寒いですが、毎日少~しずつ日が延びているようで、嬉しくなります。
福島県は浜通り、中通り、会津地方で寒暖の差がかなり大きく、先日のニュースによると、浜のいわきでは福寿草がたくさん咲いていました。ここ舘岩の福寿草は雪解けと共に、待ってました!と言わんばかりに咲き始めます。今から楽しみです。

さてそんな中、新しい天板が2点仕上がりましたのでご紹介いたします。
春の山々を美しく彩る「山桜179.png」の見事な天板です。
           ①サイズ<1800×730×55>  ¥220000-(税別)
画像ではよく確認できませんが、美しい艶があり耳の部分が何とも個性的です。
木工職人の深津さんの巧みな技で、個性が生かされた仕上がりになりました。
f0227395_15350676.jpg
一部拡大してみました。
f0227395_15352064.jpg
    次も同じ山桜179.pngですが、①よりも長さがあり堂々とした天板です。
           ②サイズ<2000×600(裏は720)×60>  ¥230000-(税別)
f0227395_15334205.jpg
   一部を拡大すると、その木目の美しさがお分かりいただけると思います。
   手触りもスベスベで最高です!
f0227395_15343137.jpg
       ぜひ、店頭でお確かめいただきたい逸品です。

by kikorinomise | 2018-02-06 11:01 | 木の商品 | Comments(0)

会津の雪まつり

間もなく立春ですね179.png
とは言え、春になるのはもう少し先になりそうです。
今年の寒波によるドカ雪には、普段雪のない関東地区でもご苦労なされていると思います。
ここ会津地方は、全国でも屈指の豪雪地帯ですが、そんな中、その雪を逆手にとった「雪まつり」が会津各地で行われています。
たとえば・・・
・柳津町 「やないづ冬まつり」    2月3日(土)~4日(日)
・会津若松市「会津絵ろうそくまつり」 2月9日(金)~10日(土)
・三島町 「雪と火のまつり」     2月10日(土)
・下郷町 「大内宿雪まつり」    2月10日(土)~11日(日)
・只見町 「ふるさと雪まつり」   2月10日(土)~11日(日)
・金山町 「会津かねやま雪まつり」  2月18日(日)
・昭和村 」からむし織の里 雪まつり」2月25日(日)などです。

 どうせ降る雪ならば、雪と共存し楽しみにしてしまう「会津の雪まつり」。皆さんも体感してみませんか。そして、少し足を延ばして、南会津町の「きこりの店」へも是非お越しくださいませ。
 通常の除雪体制は整っており、どんなに降雪量が多くても、学校が休校になることもバスが運行しないこともほぼありません。会津の冬の暮らしは、人を逞しくしてくれます。 
 山々の木々はずっしりと雪をかぶりながらも、その根は下へ下へと這わせているに違いありません。
f0227395_11080944.jpg
f0227395_11074626.jpg


by kikorinomise | 2018-02-02 15:41 | Comments(0)