きこりの店 舘岩日記

kikorino.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

フキノトウが出ました!

巷では桜の開花、満開、散り始め・・・と春爛漫ですが、南会津はようやくフキノトウが出始めたばかりです。
重い雪が解け、待ってました!と言わんばかりに土の中から顔を見せています。
f0227395_14142808.jpg
f0227395_14140134.jpg
 ここまでくれば、大丈夫!。次々と花や草木の芽が出てくるはずです。春の山菜は少し苦みがありますが、冬の間にため込んだ、体内の毒素を排出するデトックス効果が期待できると言われていますので、早速採取してフキ味噌や天ぷらにして頂こうと思います。
 長い冬に、ようやく終わりを告げようとしています。
f0227395_14160627.jpg
      *川が雪解けで増水していますので、写真撮影などは足場にご注意くださいませ。

by kikorinomise | 2018-03-31 17:04 | 南会津の自然 | Comments(0)

「手彫りと漆の器」藤原啓祐氏の商品が入荷しました

当店の一角には「藤原啓祐」氏の作品(商品)コーナーが設けられています。
作品は無垢材から作られており、手彫りで削り出されています。木肌を生かすために何度も漆を摺り込む拭き漆という技法で仕上げてあります。
先日、お願いしていた商品が納入されましたので、撮影後、早速陳列しました。
優しい手触りと漆の風合いをお楽しみください。
藤原さんは、「漆」職人がどんどん減っている現状を危惧されておりました。
           
          ★「黒角敷盆」380×300×20 (栓・漆) ¥16,400-
            素晴らしい光沢です。(照明の反射は抜きにして)(笑)
f0227395_13085301.jpg
          
          ★「黒漆パン皿」 240×195×20 (栓・漆) ¥4,320-
           こんなお皿にパンを乗せたら、数倍美味しく感じられそうです。
f0227395_13090942.jpg
          ★「おにぎり皿」 200×175×20(栓・漆) ¥3,240-
           裏面の彫りも美しいので両面撮影しました。
f0227395_13092564.jpg
          ★「しゃもじスプーン」 260×60×35 (栃・漆) ¥3,780-
           持ち手の動きが考慮され、とても使い易いです。
f0227395_13094270.jpg
         
          ★「カレースプーン」185×40×15(桜・漆)¥3,240-
          一口大の大きさと、持ち手の長さが丁度いい具合です。
f0227395_13095596.jpg
          ★「栃拭漆汁椀」120×67 (栃・草木染・漆)¥4,320-
       塗っては拭き取る作業の繰り返しによって、木の質感と色合いが鮮やかです。 
f0227395_13093411.jpg
 いい食器を使うと、食器の扱い方が丁寧になりますよね。おのずと食べ方や持ち方まで丁寧になるような気がします。ちょっとの贅沢が心の贅沢へ・・・。そんな食器と出会えます。


by kikorinomise | 2018-03-30 15:43 | 木の商品 | Comments(0)

商品の紹介です

年度末で何かと忙しい時期になりますね。
就職、入学、退職など新しいスタートでもあります。お祝いや記念の品に「きこりの店」からいくつか商品をご紹介します。

         171.png新入荷フェルトのブローチ、ピンクッション
フェルトを草木染で仕上げ、もふもふ感が優しいです。木の台で1点ものの手作りです。
春らしい色合いが揃いました。
    ブローチ 円形税込¥2,000、楕円形税込¥2500-
f0227395_10262986.jpg
ピンクッション  シングル税込¥1,500-、ダブル税込¥2000-
f0227395_10271047.jpg
            個性的な椅子も各種ございますので紹介します。
           「桜のスツール」 ¥25,000(税込み)
f0227395_10241510.jpg
     小沢賢一さんの「キッチンスツール」(オニグルミ)¥32,400(税込み)
f0227395_10244842.jpg
        「ちょいとスツール」(トチ、セン)¥27,000(税込み)
f0227395_10260199.jpg
  「楽ちんスツール」(桜、栗、ウォールナット、樺)¥33,480(税込み)
f0227395_10243477.jpg
       「ハーフムーンプレート」(カツラ)¥1,650(税込み)
f0227395_14524700.jpg
「まん丸プレート」(トチ、ホウ、センなど)¥1,200~(税込み)
f0227395_14523801.jpg
          玄関先の木のカービング動物?達もようやく雪から解放されました。
          皆様のお越しをお待ちしています。
f0227395_15080649.jpg

by kikorinomise | 2018-03-26 13:51 | 木の商品 | Comments(0)

春を探しにpart2

暑さ寒さも彼岸までといいます。今日から気温が上昇する予報なので、心なしかワクワクしています169.png 南会津にもようやく春の訪れです110.png
「きこりの店」を囲っていた雪除けの板も外され、店の中にも春の日差しが注いで明るくなりました。
f0227395_11050076.jpg
          木の芽も膨らみ始めています。
f0227395_11061366.jpg
        雑草は今年も逞しく育ちそうです(笑)
f0227395_11082652.jpg
    山の斜面を覆っていた今朝の霜柱も、朝日に照らされ解けてきました。
f0227395_11102585.jpg
           山の雪が解けて流れています。
f0227395_11192591.jpg
 やがて川へと続きます。春の川が一気に水かさを増し元気に流れています。
f0227395_11230626.jpg
  皆様も、遅い南会津の春を探しにいらっしゃいませんか?179.png

*先日のブログで「彼岸のボタ隠し」の説明をしました。中通り出身のスタッフが、以前地元の方に聞いたことを載せました。でも、彼岸の頃に山で伐採したボタ(材木)が隠れるほど雪が降った時にそう言うのだそうです。諸説ありということでお許しください。

by kikorinomise | 2018-03-24 14:33 | 南会津の自然 | Comments(0)

赤松の皮むき

間もなくお彼岸になりますが、三寒四温の日々です。
この地方では昔から「彼岸のボタ隠し」と言われ、お彼岸になっても、時にはお墓にお供えしたボタ餅を隠すほどの雪が降るとのことです。

さて、先日紹介しました弊社所有の赤松の一部が伐採されました。連日ワークショップの前で皮むき作業が行われています。
f0227395_11191053.jpg
f0227395_13500519.jpg
強力な高圧洗浄機で丁寧に皮を剥いていきます。
f0227395_13501202.jpg
f0227395_13503367.jpg
f0227395_13502149.jpg
       きれいに剥かれた色白の丸太が日に日に増えていきます。
       この赤松は弊社オグラの新社屋の建築材として使われる予定です。
       予定地の雪が解ける来月から、いよいよ建築着工です。
f0227395_13495838.jpg

by kikorinomise | 2018-03-17 14:32 | 木のこと | Comments(0)

H様邸の「木の家」が完成しました

 幸林ホームで建築中だったH様邸の木の家が、先日無事お引渡しいたしました。 完成間際のある日、きこりの店スタッフも現場に同行し、お掃除のお手伝いを兼ねて撮影をしてきました。小雪の舞う寒い日でしたが、窓越しに暖かな陽が降り注ぎ「いいねぇ~」の連発でした。    
f0227395_13131025.jpg
 電気屋さんも入っていて、吹き抜けの天井にライトを取り付けていました。夜になったら、ぬくもりを感じるステキな灯りがともることでしょう。          
f0227395_13143561.jpg

 薪ストーブも設置されました。優しい暖かさに包まれそうです。薪が燃える揺らめく炎は、ずっと見ていても飽きません。そして心が癒されリラックス効果があります。雪国の冬が少しでも過ごしやすく、心地良いものになりますように・・・。
f0227395_13141244.jpg
   
 広い地下へと続く階段・・・薪置き場?核シェルター?食料備蓄?趣味の部屋?  様々な用途に活用できそうです。     
f0227395_13144640.jpg
 収納もたくさん作り付けられています。使い勝手がとてもよさそうです。
 断捨離時代とはいえ、捨てられない物もやっぱりたくさんありますよね。    
f0227395_13161647.jpg
f0227395_13171500.jpg

 建築部のスタッフが心を込めてお掃除をします。「こうして関わっていると、建てた家に愛着が沸いて来るんですよ」と、いとおしそうに言いながら、窓も外して1枚ずつきれいに磨いていました。そんな思いは、きっと家主様にも届くことでしょう。
f0227395_13142343.jpg
 床板が傷つかないように、設備搬入などが終わるまでは、養生シートなどを敷いて床を保護しています。それらも剝して撤収されました。次回は窓磨きの仕上げと床磨きをして、塗料を塗る準備をします。
 家主様の喜ぶお顔を想像しながら、みんなで心を込めて作業をしていました。
f0227395_13431620.jpg
 とてもステキな佇まいで、間取りが熟考されています。雪の中で作業が進められたH様邸・・・お待たせしいたしました。 ホーミースタディグループの「幸せを生む住まい」の完成です!
 幸林ホームでは毎月、住まいの勉強会を実施しています。住まいづくりに興味のある方は参加してみませんか。住む家によって、私たちの体や心が健康に保たれるとしたら・・・・。まずは知ることが大切です。
   3月これからの「住まいの勉強会」予定日
   12日・13日・15日・17日・19日・22日~31日
   場所:会津会場、那須会場

ご予約は0241-78-2066 広野・小椋までご連絡をお待ちしています。



by kikorinomise | 2018-03-10 14:22 | 木のお家 | Comments(0)

春を探しに

3月に入り一気に気温が上昇していますが、皆さんのお住まいになっている地域はいかがでしょうか。
まだまだ寒の戻りがあるとは思いますが、舘岩も少しずつ春めいてきましたので様子をお伝えします。
道路は雪がなく車の走行が楽になりました。でも、まだまだ油断はできません。
f0227395_11164487.jpg
こんな雪の壁も次第に見られなくなってきました。しかし・・・地層のようにきれいに積雪の層です。 除雪オペレーターの技術も優れていますね。(これは2月24日に撮影したものです) 
f0227395_15263457.jpg
近くを流れる舘岩川の石に、こんもり積もる雪がマシュマロのようなので、毎年ブログにも載せていますが、それもこんな風になくなりました。
f0227395_11162429.jpg
  「きこりの店」の向かい側の土手も少し見え始めました。はやくフキノトウが出ないかなぁ~
f0227395_11180344.jpg
          Wood Bankの材木達も春の日差しを浴びています。
f0227395_11185306.jpg
弊社所有の赤松も陽の光に照らされて嬉しそうです。春を待っていたのは、人ばかりではないんだぁと感じました。     
f0227395_11191053.jpg
車を走らせていると、民家の軒下に雪ダルマ発見!日当たりのいいお宅の周りはもう雪が解けていましたが、スノーマンはまだ健在でした。「頑張ってるねぇ~また来年よろしく~」と声をかけてパチリ!
f0227395_11174979.jpg
これからがますます楽しみになってくる南会津の春を、時々お伝えしたいと思います。
皆様も、この陽気に誘われてお出かけくださいませ。

by kikorinomise | 2018-03-06 14:03 | 南会津の自然 | Comments(0)